Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第167話「春一番」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年04月11日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年08月25日 週刊少年チャンピオン増刊 ブラック・ジャック特集号 秋田書店 B5判 - -
1977年12月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック13 秋田書店 新書判 -
1982年11月20日 手塚治虫漫画全集161巻 ブラック・ジャック11 講談社 B6判 -
1987年04月05日 豪華版 ブラック・ジャック1 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック1 秋田書店 文庫判 -
2004年05月01日 - 手塚治虫マガジン5月号 KKベストセラーズ B5判 - -

『映像化』
瞳の中の訪問者
(1977年:大林宣彦監督・劇場用)

『作品内容』
ブラックジャックは千晶と言う名の少女の白斑症の手術をした。 しかし,彼女は手術が終わった後見知らぬ男性が目の前に見
えるようになったと訴える。 彼女の父親(ファウストの王様)は彼女にも春が来たのだ,と言うがブラックジャックは不安が残る。

眼球銀行に問い合わせて,角膜の持ち主を聞くことにする。 担当者(クッター)によると元の持ち主はある男に乱暴された上に
殺されていた。 箕面医大人体物理学教室の小松左京氏によると死んだ直前に見たものが角膜に焼き付くこともあるかもしれな
いと言う。 ブラックジャックは彼女を探す。 その頃彼女はその男をようやく見つけ話し掛けていた。 そして危うく殺されるところを
ブラックジャックが見つけ助かる。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
誕生!「手塚治虫」(1998年)
上を下へのジレッタ<完全版>(2008年)