Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第104話「ピノコ西へ行く」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年01月01日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年04月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック11 秋田書店 新書判 -
1982年02月20日 手塚治虫漫画全集157巻 ブラック・ジャック7 講談社 B6判 -
1988年02月20日 豪華版 ブラック・ジャック8 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック8 秋田書店 文庫判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック7 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
一人旅をするピノコであったが、なぜかそれを追う一人の男(ハム・エッグ)がいた。

一年ほど前ブラックジャックの元にあるクル病患者が父親(ドジエモン)に連れられてやってきた。 2000万円の手術料
と治るまで一切文句は言わないという約束でその治療を承諾した。 半年経ち、1年経っても患者は治らない。 父親はつ
いに訴えを起こしてブラックジャックは追われる羽目になる。 面倒くさい彼は高飛びをした。 しかし、ピノコは留守番を言
いつけられ警察(ランプ)の応対などを余儀なくされる。 ブラックジャックを追いかける決意をするピノコ。

ある山小屋を目指すピノコであり、途中である大工(ラムネクッター)にその場所を教えてもらい目指す。 だが、山小
屋へはあの男の方が先についてしまった。 実は患者は治り、父親は訴えを退けたのだった。 ようやく山小屋にピノコが
ついた時はブラックジャックはそこにはいなかった。 途方に暮れるピノコの前にブラックジャックが現れ、怒鳴った後に
その震える体へコートをかけてやるのだった。

<参考文献:チャンピオンコミックス>