Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1975年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第55話「ストラディバリウス」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年01月01日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1976年06月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック8 秋田書店 新書判 -
1983年05月20日 手塚治虫漫画全集167巻 ブラック・ジャック17 講談社 B6判 -
1987年05月25日 豪華版 ブラック・ジャック2 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック2 秋田書店 文庫判 -
2002年05月08日 ちくま文庫 手塚治虫マンガ音楽館 筑摩書房 文庫判 -
2004年05月01日 - 手塚治虫マガジン5月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年12月25日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック4 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
吹雪の中飛行機が不時着した。 近くのエスキモー村に非難する際、世界的音楽家のモロゾフ(フランケン・シュタイン)は乗務
員(ムッシュー・アンペア)の意見を無視してバイオリン・ストラディバリウスを手にして外へ出る。 途中で吹雪にバイオリンは飛
ばされてしまう。 村についてからモロゾフは単身バイオリンを探しに出る。 しかし、高齢という事もあり彼は吹雪の中倒れ、ブラ
ックジャックらに救助される。 飛行機の中に手術道具一切を置いてきてしまったブラックジャックはなす術も無く、かろうじて葉
先生(佐々木小次郎)に教えてもらった鍼療法で麻酔をする。

ブラックジャックは飛行機まで行くが雪に覆われていて道具を取る事はできなかった。 モロゾフは指を3本凍傷で失ってしまっ
た。

雪が解けた後、エスキモーがバイオリンを見付け、彼の指と共に埋めてやるのだった。

飛行機の乗客でランプヒゲオヤジが出演。
ヒョウタンツギも登場(p.10)。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
クラシック音楽館(2008年)