Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ] [1965年作品リストへ]

鉄腕アトム
第5話「盗まれたアトム」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1965年06月号
〜09月号
鉄腕アトムクラブ - 虫プロ A5判 読切連載 -
1965年10月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム22 光文社 B5判 - -
1969年08月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム14 小学館 新書判 - -
1975年10月30日 サンコミックス 鉄腕アトム10 朝日ソノラマ 新書判 - -
1981年01月20日 手塚治虫漫画全集232巻 鉄腕アトム12 講談社 B6判 -
1987年07月06日 KCスペシャル309巻 鉄腕アトム5 講談社 B6判 -
1993年07月23日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム10 講談社 四六判 -
1995年11月 光文社文庫 鉄腕アトム10 光文社 文庫判 -
1999年11月 サンデーコミックス 鉄腕アトム10 秋田書店 新書判 -
2002年10月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム9 講談社 文庫判 -
2010年03月16日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.3 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻(通販のみの付録)
2010年07月23日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.4 復刊ドットコム B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻(通販のみの付録)

『作品内容』
ウランの前に現れた大人のウラン。 今度からロボットも10年に一度年齢を重ねたからだと交換するようになっ
たのだという。 早速アトムも瓜二ツ博士とお茶の水博士によって18歳の体になる。 そして子供の体は大金庫の
中に入れておいたのだが盗まれてしまう。

容疑者はイギリス諜報部のJ・ムズムズ・ドボンだった。 彼を空港で捕まえた博士達は実は犯人は瓜二ツ博士
であり,彼の本当の名前はウント・モーカルという事をドボンから聞く。 モーカルは子供のアトムに自分の作った
電子頭脳を載せていた。 アトムは仕方なく自分の体を壊してモーカルを捕まえる。 彼は未来に残す人類の文化
遺産をすっかり盗もうと考えていたのだ。

もう元の体に戻れない,と悲観に暮れるアトム。 しかし,お茶の水博士は文化遺産の中にもう1体のアトムの体
を作っておいたのだ。 そしてロボットの体を成長させる考えは白紙に戻される。

ヒゲオヤジ中村課長田鷲警部アトムの父が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『映像化』
鉄腕アトム-第139話「盗まれたアトム」-
(1965年:虫プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
手塚治虫大全(1997年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)