Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1963年作品リストへ]

「リボンの騎士」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1963年01月号
〜1966年10月号
- なかよし 講談社 未確認 連載 -
1964年08月15日 なかよしコミックス リボンの騎士1 講談社 B5判 - -
1964年11月15日 なかよしコミックス リボンの騎士2 講談社 B5判 - -
1965年04月15日 なかよしコミックス リボンの騎士3 講談社 B5判 - -
1965年12月15日 なかよしコミックス リボンの騎士4 講談社 B5判 - -
1966年06月15日 なかよしコミックス リボンの騎士5 講談社 B5判 - -
1967年05月03日 別冊少女フレンド リボンの騎士総集編<前編> 講談社 B5判 - -
1967年06月03日 別冊少女フレンド リボンの騎士総集編<後編> 講談社 B5判 - -
1969年03月10日 手塚治虫全集 リボンの騎士1 小学館 新書判 - -
1969年03月25日 手塚治虫全集 リボンの騎士2 小学館 新書判 - -
1969年05月10日 手塚治虫全集 リボンの騎士3 小学館 新書判 - -
1971年11月20日 月刊てづかマガジンれお別冊 リボンの騎士1 虫プロ商事 B5判 - -
1971年12月20日 月刊てづかマガジンれお別冊 リボンの騎士2 虫プロ商事 B5判 - -
1972年01月20日 月刊てづかマガジンれお別冊 リボンの騎士3 虫プロ商事 B5判 - -
1972年02月20日 月刊てづかマガジンれお別冊 リボンの騎士4 虫プロ商事 B5判 - -
1972年03月20日 月刊てづかマガジンれお別冊 リボンの騎士5 虫プロ商事 B5判 - -
1977年06月01日 手塚治虫作品集4 リボンの騎士 文民社 A5判 - -
1977年06月15日 手塚治虫漫画全集4巻 リボンの騎士1 講談社 B6判 -
1977年09月20日 手塚治虫漫画全集5巻 リボンの騎士2 講談社 B6判 -
1977年12月20日 手塚治虫漫画全集6巻 リボンの騎士3 講談社 B6判 -
1982年06月01日 ほるぷ版手塚治虫選集13巻 リボンの騎士1 ほるぷ出版 B6判 - -
1982年06月01日 ほるぷ版手塚治虫選集14巻 リボンの騎士2 ほるぷ出版 B6判 - -
1984年01月01日 手塚治虫作品集4 リボンの騎士 翠楊社 A5判 - -
1987年11月06日 KCスペシャル354巻 リボンの騎士1 講談社 B6判 -
1987年12月05日 KCスペシャル355巻 リボンの騎士2 講談社 B6判 -
1994年12月 グランドコレクション リボンの騎士1 講談社 四六判 -
1994年12月 グランドコレクション リボンの騎士2 講談社 四六判 -
1999年10月 講談社漫画文庫 リボンの騎士1 講談社 文庫判 -
1999年10月 講談社漫画文庫 リボンの騎士2 講談社 文庫判 -
2003年07月01日 - 手塚治虫マガジン7月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2003年08月01日 - 手塚治虫マガジン8月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2003年09月01日 - 手塚治虫マガジン9月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2003年10月01日 - 手塚治虫マガジン10月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2003年11月01日 - 手塚治虫マガジン11月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2003年12月01日 - 手塚治虫マガジン12月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年01月01日 - 手塚治虫マガジン1月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年02月01日 - 手塚治虫マガジン2月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年03月01日 - 手塚治虫マガジン3月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年04月01日 - 手塚治虫マガジン4月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年05月01日 - 手塚治虫マガジン5月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年06月01日 - 手塚治虫マガジン6月号 KKベストセラーズ B5判 - -
2004年07月01日 - 手塚治虫マガジン7月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2004年08月01日 - 手塚治虫マガジン8月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2004年09月01日 - 手塚治虫マガジン9月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2004年10月01日 - 手塚治虫マガジン10月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2004年11月01日 - 手塚治虫マガジン11月号 kkベストセラーズ B5判 サファイアの復活の巻 -
2004年12月01日 - 手塚治虫マガジン12月号 kkベストセラーズ B5判 悪魔の結婚式の巻 -
2005年01月01日 - 手塚治虫マガジン1月号 kkベストセラーズ B5判 丘の上の奇跡の巻 -
2008年05月10日 - 手塚治虫WORLD 少年マンガ編 ゴマブックス A5判 一部のみ
2009年05月29日 - リボンの騎士【なかよし版】スペシャルBOX 講談社 B5判 なかよしコミックス完全復刻版
2015年09月28日 なかよしオリジナル版 リボンの騎士1 復刊ドットコム B5判 連載時の復刻
2015年11月25日 なかよしオリジナル版 リボンの騎士2 復刊ドットコム B5判 連載時の復刻
2016年01月30日 なかよしオリジナル版 リボンの騎士3 復刊ドットコム B5判 連載時の復刻

『映像化』
リボンの騎士
(1966年:虫プロ製作・パイロットフィルム)

リボンの騎士
(1967年:虫プロ製作・テレビアニメ)

『舞台』
リボンの騎士
(1983年・劇団電撃)

リボンの騎士"鷲尾高校演劇部奮闘記"
(1998年・銀座セゾン劇場)

『作品内容』
「第一章」むかしむかし
いたずら天使のチンクは生まれる前の子供に男の子の心を飲ませてしまった。 ところが神様は女の子と決め,その心を飲ませる。 二つの心を
持ってしまったこの男の子の心を取り戻すためにチンクは下界に降りていく。 そこ,シルバーランドの宮殿では女の子が生まれていた。 しかしズ
ーズー弁の博士のせいで王女様は王子様として伝えられていく。 王位を狙うジュラルミン大公とその部下であるナイロン卿は疑惑を持つ。

「第二章」花と閲兵式
15年の月日が経った。 サファイヤと名づけられた王女は王子として育てられ,一日の半分を男,女と使い分けていた。 シルバーランドの掟で王
女は王位を継ぐことができないのだ。 あるときの閲兵式でサファイヤは間違えて女の靴をはいてしまう。 かねてから疑いを持っていたジュラルミ
ン大公はナイロンを派遣して化けの皮をはがそうとする。 しかし,サファイヤはそれを切り抜け,ナイロンを追い返してしまう。 ずっと彼女を見守
っていたチンクは乳母の声を真似て呼び出し本音は女の子であることを確認する。

「第三章」復活祭
年に一度の謝肉祭の夜。 サファイヤは亜麻色の鬘をかぶりドレスを着て出かけていく。 そこで出会ったのはゴールドランドの王子フランツだった。
彼とのダンスに興じるサファイヤはナイロンが博士から秘密を聞き出そうとしているのを目撃する。 急いで祭りから離れ,ナイロンを追い返す。
その後もサファイヤはフランツのことが忘れられない。 武術大会を開催し,フランツを招待することを企画する。 それを聞いたジュラルミンとナイ
ロンはサファイヤの相手の剣に毒を塗ることを画策する。

「第四章」競技大会
フランツを招いたサファイヤは成り行きで彼と試合をすることになってしまう。 さらにフランツの剣にはジュラルミンの陰謀で毒が塗ってあった。 そ
の件がサファイヤによって投げられたとき,それはサファイヤの父である王様の馬に当たってしまう。 興奮した馬に引きずられた王様は命を落と
し,フランツは捕らえられてしまう。

「第五章」牢獄の王子
悲しみにくれるサファイヤだったが,再び変装して牢にいるフランツを逃がす。 フランツはサファイヤへの恨みを述べて去っていく。 サファイヤの即
位式はすぐそこに迫っていた。

「第六章」即位式
即位式の乾杯の後,王妃はサファイヤの秘密を洗いざらいしゃべってしまう。 ジュラルミンが杯の中に興奮剤を入れていたのだ。 即位式は中止と
なり,王位はジュラルミンの息子であるプラスチックが継ぐことになってしまう。 サファイヤと王妃は棺桶塔の牢に入れられ,牢番のガマー(ロンメル
)によって使われることになる。

「第七章」棺桶塔のサファイヤ
ガマーにこき使われていたサファイヤはネズミたちと仲良くなり,脱出できる穴を教えてもらう。 しかし,ガマーはナイロンから二人を殺害することを
指令される。 失敗して階段から落ちたガマーはサファイヤに介抱される。 心を開いていくガマー。 シルバーランド内ではサファイヤの話題を出すこ
とがすなわち鞭打ちの刑となっていた。 チンクはナイロンに捕まって矢を射られようとしていた。

「第八章」リボンの騎士登場
そこで助けに来たのがリボンの騎士,実はサファイヤだった。 チンクは男の子の心を抜こうとして,ぶなの木の枝で笛を作る。 その音色を聞いたサ
ファイヤは力が抜け,剣もたたない。 チンクが吹くのをやめるととたんに強くなって近衛兵をやっつけてしまう。 チンクはそんな笛を捨ててしまう。

「第九章」ばか王のいいなずけ
ジュラルミンは息子であるプラスチックに年頃の娘を娶わせようとする。 その噂を聞いたサファイヤは変装し,短剣を携えてわざと近衛兵に捕らえら
れる。 しかし,その途中でフランツと出会い助けられてしまう。 その場から逃げ出してしまうサファイヤ。 忍ばせておいた短剣を落として…。 宮殿でプ
ラスチックの相手に選ばれたサファイヤはプラスチックから王冠を 奪おうとするが短剣がなく,捕らえられてしまう。

「第十章」悪魔のささやき
牢の中に悪魔のヘル夫人がやってくる。 サファイヤの女の心と交換に牢から逃がしてくれるという。 そこに現れるチンク。 十字架をかざしヘル夫人を
追い返す。

「第十一章」石切り場のふたり
石切り場で強制労働をさせられるサファイヤとチンク。 サファイヤは鬘が取れてしまい,身分がばれてしまう。 一方亜麻色の髪の乙女がいると聞いた
フランツは石切り場でサファイヤと再会する。 今でも牢に入れられたのはサファイヤの仕業だと信じているフランツは剣で試合を挑む。 ナイロンたち
が現れるのを聞いた二人はそこから逃げ出すが,フランツは矢に射られてしまう。 森の中の小屋に運び込んだサファイヤは再び変装してフランツの
介抱をするが, そこにヘル夫人が現れ,連れ去ってしまう。 目を覚ましたフランツはサファイヤが亜麻色の髪の乙女を連れ去ったに違いない,と勘違
いする。

「第十二章」魔女の館
ヘル夫人の塔に囚われの身となったサファイヤ。 夫人の一人娘であるヘケートは勝気な性格であり,サファイヤに意地悪をする。 その彼女にサファ
イヤの女の心を飲ませればしとやかになり,さらにフランツの心を捉え,ゴールドランドを手に入れられると 夫人は考えていた。 そんな計画を何とかつ
ぶしたいヘケートはサファイヤに白鳥になる薬を飲ませて逃がしてしまう。 禿鷹に囲まれてしまったサファイヤはフランツに助けられるが,当然その白
鳥がサファイヤであるとは気付いてくれない。

「第十三章」なげきの白鳥
ヘル夫人はシルバーランドの伯爵夫人に化けてゴールドランドを訪れる。 亜麻色の髪の乙女に化けたヘケートを連れ,フランツとの指輪交換にいた
るが,白鳥のサファイヤも現れ, フランツはその乙女は別人だと断定する。 さらにチンクによって財宝も何もごみに変わってしまい,夫人親子は退散
する。 魔法の解けたサファイヤはフランツによって牢に入れられてしまう。 チンクの機転で脱出する。
スパイダー出演(1巻,p.232,242)

「第十四章」ふたつの心
逃亡の途中でナイロンに見つかってしまうサファイヤとチンク。 剣で応戦し,もう一突きというところまで行くが,天国の神様から今のうちにサファイヤ
の男の心をぬくように言われた チンクはそのとおりにし,その結果サファイヤは旗色が悪くなってしまう。 天国に帰るよりもサファイヤを助けるほうを
選んだチンクは男の心をサファイヤに返す。 馬を手に入れた二人は棺桶塔に向かうが,そこは火に包まれていた。 そこでふたりはガマーと王妃は海
蛇島に運ばれたことを知る。 ボートを使って島へ渡ろうとする二人の前にヘル夫人が現れる。

「第十五章」石になった王妃
ヘル夫人を振り切って海蛇島に向かう二人だったが,魔術によって流されてしまう。 さらに王妃とガマーは石に変えられてしまい,元に戻るにはサフ
ァイヤの血を流すしかないのだった。 サファイヤとチンクはどことも知れぬ海に流され,ブラッド率いる海賊船と出会う。 ブラッドはサファイヤに求婚し,
心を得るためにジュラルミン大公を誘い出し殺害しようとする。
海賊船のマークでヒョウタンツギ(2巻,p.12)

「第十六章」海賊ブラッド船長
ナイロン率いる軍船がブラッドを囲む。 しかし,ブラッドはかねてから調教してあったイルカを使って海神の火を見せ退散させる。 囚われの身になった
ナイロンはサファイヤとも再会し,王妃が石にされてしまったことを話す。 黙って船を出てナイロンを水先案内にし,チンクとともに海蛇島へと向かう。
そこでサファイヤはチンクから王妃を戻すには心臓の血を浴びせるほかないことを知らされる。 これ幸いにサファイヤを殺害しようとするナイロンだっ
たが,ブラッドがこれを止める。 船に戻ったブラッドは大公が鹿狩りを催すことをサファイヤに伝え,そのときに捕らえる計画を話す。

「第十七章」さんざしの森のできごと
フランツ王子を伴って狩をする大公。 森の中でフランツは亜麻色の髪の乙女の声を聞く。 一方,大公はナイロンを人質に取られ,ブラッド一味に取り
囲まれてしまう。 大公を助けようとするフランツ。 立ちはだかるブラッドの後ろにサファイヤの姿を見る。 そこでフランツはあの乙女とサファイヤが同一
人物であることを知る。 それを見たヘル夫人はサファイヤをさらい,力づくで女の心を抜き取ってしまう。 夫人を追うチンク。 サファイヤと再会したフラ
ンツは彼女が男になってしまっていることを知り当惑する。
ヒョウタンツギ出演(2巻,p.60)

「第十八章」子ネコと天使
ヘケートにサファイヤの女の心を渡すヘル夫人。 しかし,ヘケートは母親をだまし,サファイヤに心を返そうとしてネコに変身し塔を出る。 一方,男の
心だけになったサファイヤは王位を取り戻そうとして宮殿に戻る。 元老に化けた刺客によってやられそうになるがヘケートの魔法に助けられる。 女の
心を飲むことによって再び王位継承権を失うことを恐れるサファイヤ。 ヘル夫人が再び現れるが礼拝堂の力で退散する。 チンクはサファイヤから男
の心を抜き取って女の心を埋め込む。 しかし,男の心はプラスチック王が飲んでしまう。 今までばか王だったプラスチックはこれによりまともになり,
サファイヤに対して謝罪をする。 いずれは掟を変えてサファイヤを女王として王位を継承することを約束する。

「第十九章」ヘル夫人の要求
ヘル夫人はフランツを捕らえてヘケートと結婚することを要求する。 承諾しないフランツに,夫人は受け入れられないとサファイヤは12時に命を落と
すと告げる。 そのころ城ではサファイヤが海賊のブラッドと一緒だったことから死刑が宣告される。 その有様を見たフランツは夫人の要求を受け入れ
てしまう。 サファイヤは城の女官たちに守られ,大公と対抗する。
スパイダー出演(2巻,p.147)

「第二十章」女の戦い
女官たちはサファイヤを守るために大公たちと戦い,サファイヤ自身もナイロンと剣を交えていた。 一方フランツはヘル夫人とヘケートの訪問を受け
ていた。 しかし,ヘケートにはフランツとの結婚の意志がないことを知る。 おじのシャネル五世が帰城し,フランツは悪魔の娘と婚約したことを告げる。
ヒョウタンツギ(2巻,p。157),ヒゲオヤジ(2巻,p.168)

「第二十一章」魔の山ハルツにて
フランツはサファイヤに別れを告げて,魔の山ハルツに足を踏み入れた。 そこでヘル夫人はフランツには王子としての地位がすでにないことを知り,
魔王サターンに助力を頼む。 サターンはゴールドランドの川に人間が石になる薬を流し込み,シャネル五世を始めすべての人を石にしてしまう。 彼は
その見返りに若く美しい娘を要求し,ヘル夫人はサファイヤを捕らえに向かう。

「第二十二章」ふたつの眠り
フランツについての真実を知ったサファイヤはヘル夫人に女の心を渡す代わりに王位がほしいと話す。 ヘル夫人はそのために邪魔な大公を犬にし
てしまい,その男の心を奪ってしまう。 やけくそになったナイロン卿はサファイヤと彼女の味方になってしまったプラスチック王を矢で射,逃走する。 医
師たちがあと3日の命だと告げる。 直すためには黒真珠島に行かなければならない。 ブラッドは海賊船を駆って島に向かう。
スパイダー(2巻,p.200)出演。

「第二十三章」悪魔の結婚式
とうとうフランツとヘケートは結婚式を挙げる。 しかし,二人は小悪魔が化けた偽者だった。 本物のフランツたちは逃走を続けていた。 ヘケートはヘル
夫人が奪ったサファイヤの女の心をフランツに託す。 追ってきたヘル夫人とヘケートが争い,フランツはチンクが渡した十字架でヘル夫人に勝つ。 夫
人の魔法で生まれたヘケートは夫人が死んだことでともに命を落とす。 夫人の死によってゴールドランドで石にされた人たちとともにガマー,サファイ
ヤの母親も元に戻る。
ゴールドランドのシャネル五世の部下でクッター(2巻,p.242)が出演。

「第二十四章」黒真珠島の女王
ブラッドは黒真珠島の女王パルパによって囚われの身になってしまう。 脱出に成功するがパルパの矢によって深手を負ってしまう。 そしてシルバーラ
ンドに戻ったとき,サファイヤはすでに事切れてしまっていた。 天に召されるブラッド。 駆けつけた王妃とフランツはチンクによって女神ビーナスにすが
ればサファイヤは命を取り戻すかもしれないことを知る。

「第二十五章」ビーナスのジェラシー
フランツはビーナスに出会い,サファイヤの命の火を再びともすことに成功する。 しかし,サファイヤは今までの記憶をすっかりなくし,フランツに恋心
を抱いてしまったビーナスの計略によって城を出てしまう。 それを追うフランツ。 途中でビーナスの妨害にあうがサファイヤと同じ町までたどり着く。 ビ
ーナスは放浪するナイロン卿を使ってサファイヤを牢に入れようとする。
作者で手塚先生(2巻,p.283)

「第二十六章」とりこの部屋
ヘル夫人から渡された宝石でウーロン候に近づいたナイロンはサファイヤを牢に入れることに成功する。 牢にいるサファイヤと再会したナイロンは記
憶を失ったサファイヤに色々な真実を話す。 さらにウーロン候をけしかけてシルバーランドを手に入れようとしていることも。 それを聞いていたウーロン
候はサファイヤを牢から出して,逃がす。 一方フランツはビーナスに捕まっていて彼女を愛するか死ぬかの選択を迫られていた。
ウーロン候の家来でレッド公(2巻,p.313)出演。

「第二十七章」丘の上の奇跡
サファイヤの行く手を阻止しようとするビーナスはサファイヤの顔を醜くしようとするが,チンクによって止められる。 ビーナスは森の中をサファイヤが
通ると豚に変わってしまう魔法をかける。 ビーナスの部下のエロースはフランツのサファイヤを想う心に負け,囲いを解く。 それを阻もうとしたビーナス
は自らの姿をサファイヤに変え,フランツに追わせる。 しかし,彼女は自分自身のかけた魔法にかかり,豚に姿を変えてしまう。 フランツはサファイヤ
と再会し,ともに城に向かう。 チンクは豚に変わってしまったビーナスを連れて天に帰っていく。
ヒョウタンツギ(2巻,p.353)

<参考文献:ほるぷ版手塚治虫選集>

『一口メモ』
日本初の本格的少女向けストーリー漫画のリメイク版。

『原形作品』
リボンの騎士
(1953年・少女クラブ)

『図版使用書籍』
アサヒグラフ4月29日号(1977年)
ユリイカ 2月号(1983年)
アサヒグラフ2月24日号(1989年)
手塚治虫の世界(1989年)
週刊読売2月26日号(1989年)
SPA!2月23日号(1989年)
PHP 6月増刊号(1989年)
MOE 11月号(1990年)
Siesta 9/10月号(1991年)
手塚治虫大全(1997年)
もっと知りたい手塚治虫(1997年)
ぼくのマンガ人生(1997年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
手塚治虫全史(1998年)
コミック・ゴン 第3号(1998年)
舞台「リボンの騎士」プログラム(1998年)
文藝別冊 手塚治虫(1999年)
人間ども集まれ!【完全版】(1999年)
SF Japan Vol.03 手塚治虫スペシャル(2002年)
ROCKIN'ON JAPAN4月19日増刊号 SIGHT(2003年)
原画の秘密(2006年)
僕らの愛した手塚治虫(2006年)
芸術新潮2008年11月号(2008年)
フィギュア王No.129(2008年)
クラシック音楽館(2008年)
僕らの愛した手塚治虫2(2008年)
手塚治虫〜知られざる天才の苦悩(2009年)
手塚治虫展図録(2009年)
「地上最大の手塚治虫」展(2012年)
手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから(2013年)
コモ・レ・バ vol.15 Spring2013(2013年)
手塚治虫美女画集(2014年)