Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ][1953年作品リストへ]

鉄腕アトム
第7話「空飛ぶ摩天楼(単行本時「火星探検」と改題」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1953年12月号 少年 - 光文社 A5判 読切連載 -
1956年06月01日 - 鉄腕アトム1 光文社 A5判 - -
1958年10月25日 手塚治虫漫画全集6巻 鉄腕アトム1 光文社 A5判 - -
1964年02月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム2 光文社 B5判 - -
1965年12月05日 カッパコミックスデラックス 鉄腕アトム1 光文社 B5判 - -
1970年03月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム20 小学館 新書判 - -
1976年07月15日 サンコミックス 鉄腕アトム21 朝日ソノラマ 新書判 - -
1980年01月20日 手塚治虫漫画全集222巻 鉄腕アトム2 講談社 B6判 -
1992年11月24日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム1 講談社 四六判 -
1995年10月 光文社文庫 鉄腕アトム1 光文社 文庫判 -
2000年04月 サンデーコミックス 鉄腕アトム21 秋田書店 新書判 -
2002年06月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム1 講談社 文庫判 -
2009年09月17日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.1 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻
2014年12月28日 長編冒険漫画 鉄腕アトム1 復刊ドットコム A5判 光文社版の復刻

『作品内容』
アトムはお茶の水博士に連れられて空とぶ摩天楼号に乗りアメリカへ向かうことになった。 しかし、アトムが切符
をなくしてしまい博士は仕方なくアトムのスイッチを切って人形として鞄の中に詰め込む。 摩天楼の中は物理学
会議に出掛ける博士達(ロンメルら)が多く乗っており、パイロット達は賊と入れ替わっていた。

機中はハイジャックされ、原爆実験が行われるB島に向かってしまう。 機外に捨てられてしまったアトムは落雷を
受け息を吹き返す。 賊を操縦室に閉じ込めてしまったアトムは自ら外に出て摩天楼をアメリカに向けるのだった。

ヒゲオヤジタマオケン一四部垣アトムの父が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『図版使用書籍』
わたしの手塚治虫体験(一):真崎守著
手塚治虫の軌跡(1992年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)