Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1953年作品リストへ]

「レモン・キッド」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1953年05月号 - 冒険王 秋田書店 A5判 読切・付録 -
1974年08月01日 まんがのむし復刻シリーズ レモン・キッド 全日本マンガファン連合 A5判 復刻 -
1980年08月20日 手塚治虫漫画全集70巻 レモン・キッド 講談社 B6判 -
1992年10月10日 小学館叢書 手塚治虫初期傑作集5 小学館 四六判 -
1995年03月25日 角川文庫 罪と罰 角川書店 文庫判 -
2013年12月20日 手塚治虫生誕85周年記念 冒険王別冊付録幻の6作品完全復刻限定版BOX 秋田書店 B5判 復刻版

『作品内容』
ならず者のメロン・キッドに憧れるレモン少年。 とうとう彼はメロンの旅についていってしまう。 いっぱしのならず者になった気になったレモン・キッドだったが、銀行から出てきた男を襲うと実はそれが銀行強盗だったり、駅馬車を襲おうと思ったら逆にその駅馬車が襲われ一緒にいた親子を助ける羽目になったりしていた。 そして彼はメロンの生い立ちを聞く。 メロンは実は黒人との混血であり、母親を殺したかつての主人であるジャック・ベッド(ハム・エッグ)に復讐を遂げるためにならず者になっているのだという。

時代の波はレモンにも降りかかり、彼は南北戦争に志願して戦地へ行く。 軍功を立てた彼は十字賞をもらい、かつてインディアンに襲われているところを助けたペッティと結婚すべくその父親(豚藻負児)に頼みに行く。 ところが彼女はあのジャックベッドと結婚しなければならなくなっていた。

レモンは街の保安官に任命される。 そんな時街にメロン・キッドが現れる。 彼はジャックに復讐するためにやってきたのだが、レモンはメロンをほおっておくわけには行かなかった。 そしてレモンは銃の弾をすべて抜き取って出掛けていく。 メロンは見事本懐を遂げるが、その後拾った銃がレモンのものだったために、ジャックの部下によって命を落してしまう。 その後レモンがどうなったのか
は誰も知らないが、ある少年と少女がアリゾナに向かう幌馬車に乗っていたのを見た人があるという。

<参考文献:角川文庫>

『図版使用書籍』
アサヒグラフ2月24日号(1989年)
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫はどこにいる(1992年):夏目房之介著
こころにアトム(1995年)
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
手塚治虫全史(1998年)
文藝別冊 手塚治虫(1999年)
手塚治虫の「新宝島」(2007年)
芸術新潮2008年11月号(2008年)
手塚治虫表紙絵集(2016年)