Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1951年作品リストへ]

「新編月世界紳士」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1951年10月号 - 漫画少年 学童社 未確認 付録 -
1952年02月10日 - 新編月世界紳士 学童社 B6判 - -
1954年05月01日 - 月世界の少年 東光堂 B6判 - -
1970年02月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム19 小学館 新書判 - -
1977年07月15日 手塚治虫漫画全集38巻 平原太平記 講談社 B6判 -
1992年10月10日 小学館叢書 手塚治虫初期傑作集5 小学館 四六判 -
1995年02月25日 角川文庫 新世界ルルー 角川書店 文庫判 -
2012年06月02日 手塚治虫レアコレクション 東光堂作品集 小学館クリエイティブ B6判 東光堂版の復刻

『作品内容』
山に何か落ちた日におじいさん(ヒゲオヤジ)とおばあさんの前に現れた赤ん坊。 二人は彼女をサヨコと名づけて我が子として育てた。 サヨコはその天才的な頭脳で発明を行っていく。 ある時仲良しのケン一から父親の研究を手伝うように頼まれて出掛けていく。

そこでは月の裏側を見るための望遠鏡の開発を行っていた。 そんなサヨコの元に結婚申込をする3人の男が現れる。 首相の桃山(カルピス)、貿易会社の社長である甘井(ラムネ)、そして画家の最中。 彼らにサヨコは無理難題を押し付ける。

月を見て十五夜の晩にお別れをしなければ行けないというサヨコを心配しておじいさんは警察(ノールス・ヌケトール)に通報するが埒はあかない。 そして当日、約束を果たした男は最中だけだった。 しかし彼は満月博士に頼まれてサヨコを探っていた壇原英次郎(ロック)という私立探偵だった。

だがサヨコは密かに作っていたロケットに乗りこみケン一もろとも月へ旅立ってしまう。 サヨコは月の裏側に都を作る月世界人のスパイだった。 捕まってしまうケン一だったがサヨコと供に脱出に成功する。 しかし、サヨコは既に地球人の姿をしておらず、ケン一に月の都の事は秘密にするように頼んでロケットから飛び降りてしまう。

研究員で力有武、 詐欺師でハム・エッグが出演。

<参考文献:角川文庫>

『原形作品』
月世界紳士
(1948年・書下ろし単行本)

『図版使用書籍』
ユリイカ 2月号(1983年)
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫大全(1997年)
フィギュア王 no.11(1998年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
手塚治虫全史(1998年)
手塚治虫の「新宝島」(2007年)
手塚治虫美女画集(2014年)
手塚治虫とキャラクターの世界(2013年)
手塚治虫表紙絵集(2016年)